コンテンツへスキップ

自分に合うケアの方法を見つけた、という話

私は中学2年生の頃に、ニキビができ始めました。
一度にたくさん出るわけではないのですが、ちょこちょこと出ては消え、またすぐ別の場所に出ては消えを繰り返していました。
大人になっても、ニキビがなくならないことに悩んでいました。

美容皮膚科で相談したところ、スキンケアの方法を教えてくれました。

まずは洗顔フォームを、角質を剥がす石鹸に変えることから始めました。
洗い方も、洗顔ネットでモチモチの泡を作るように教えてもらったので、洗顔ネットも買って、毎日モチモチの泡洗顔を実践してみました。
すると、できていたニキビが治ってからは、しばらく新しいニキビができなくなりました。
洗顔の方法にもだいぶ慣れてきて、顔もキレイになってきた頃、たまにモチモチの泡を作るのが面倒で、連続して2日程手を抜いてしまうことがありました。
そうすると、今まで全くできなかったのに、新しくニキビができてしまいました。

(洗顔フォームや化粧品など)肌に触れるものはよく考えないといけない

ニキビが気になり、またきちんと洗顔を続けていくと、新しいニキビは再びできなくなりました。
やはり、ニキビをつくらないためには、洗顔は毎日きちんと続けることが大切なんだと実感しました。
ニキビは、できてしまうと治すのに時間がかかるので、今では、面倒でも新しいニキビができないように、洗顔だけはきっちり続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です